写真集『写真家が捉えた 昭和のこども』
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

写真集『写真家が捉えた 昭和のこども』

¥2,640 税込

送料についてはこちら

どんなときにも笑顔があった! 19人の写真家が出会ったニッポンのこどもたち 戦中・敗戦・復興・経済成長と劇的な変化を遂げた「昭和」のこどもたち。決して豊かではなかったけれど、みんなでワイワイ群れ遊び、親の仕事の手伝いにも一生懸命だったあの頃。本書は木村伊兵衛、土門拳、濱谷浩ら日本を代表する写真家と、各地方で記録を残したアマチュア写真家たちの作品を合わせて掲載する。時代や地域を超えてこどもの気分が伝わり、見る人の心を温かくする一冊。昭和10年から51年撮影の170点収録。 【写真】 木村伊兵衛 入江泰吉 熊谷元一 土門 拳 植田正治 桑原甲子雄 飛彈野数右衛門 緑川洋一 濱谷 浩 山端庸介 林 忠彦 井上孝治 岩宮武二 芳賀日出男 長野重一 麦島勝 田沼武能 熊切圭介 齋藤康一 【構成】 1:戦前のこどもたち 2:困難な時代を生きる 3:働くこどもたち 4:楽しい学校生活 5:腕白小僧とお転婆娘 6:祭りと歳時記 7:高度経済成長のもとで 【エッセイ】 昭和の子ども:中川李枝子 梅雨の子:ねじめ正一 わが下町:土門 拳 サイズ・254×188mm ページ数・184ページ ISBN・978-4-904845-39-4