original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

【草彅裕】写真集『水を伝う 玉川毒水』

2,750円

送料についてはこちら

生命を拒む「毒水」の変容と再生。 秋田県仙北市にある一級河川「玉川」。玉川の源流付近ではPH1.3の日本一の強酸性水が噴出し、辺りは草木も生えず生物も住めず、一晩で包丁をも溶かしてしまうことから死の川「玉川毒水」と呼ばれている。そこでは轟音と煙とともに毎分約9,000ℓの酸性水が湧出する。人の手を寄せ付けない原始の自然として、恐れを抱くとともに強く惹かれ、十余年にわたり撮影を続けてきた。「玉川毒水」を巡る毒水と清水、自然と人の関係を見つめなおそうと「瞬間と循環」をテーマに撮影した。源流から下流へと水を伝い、玉川流域のまだ見ぬ変化を追い続けた。 サイズ:B5判変形 ページ数:176ページ ISBN:978-4-909532-91-6

セール中のアイテム