News

今月の1冊~This month’s pick~岩合光昭写真集『PANTANAL パンタナール』

クレヴィス刊行の“イマ”読んでほしい本を月に1冊紹介する《今月の1冊~This month’s pick~》。 様々なジャンルのヴィジュアル本の中からその月にお勧めしたい1冊を皆様にご紹介!Crevis Online Storeでは紹介書籍を紹介月限定で送料無料でお買い求めいただける特典がございますのでこの機会に是非ご検討ください。

今月の1冊~This month’s pick~

今月は、東京都写真美術館で6月4日(土)に開幕する展覧会に合わせ、岩合光昭写真集『PANTANAL パンタナール』をご紹介します。

「パンタナール」という地名をご存知でしょうか? 南米大陸のほぼ真ん中に位置する世界最大級の熱帯湿地で、その広さは日本の本州に匹敵するほど。まさに想像を絶する壮大な湿地帯です。その大部分はブラジルに広がり、一部がボリビアとパラグアイにまたがります。ブラジル側の大半が「パンタナール保全地域」として世界遺産に登録され、世界屈指の生命の宝庫として知られる場所なのです。

世界的な動物写真家、岩合光昭さんがこの地を知ったのは1985年のこと。「ナショナル ジオグラフィック」誌のセレンゲティ特集の準備中、編集者である友人から“とっておきの場所”として教えられ、いつかは撮りたいと願っていたジャガーの生息地であることを知ったのです。しかし、雨季には8割が水没する氾濫原をこの当時に撮影するのは至難の業でした。

後年になってようやく念願叶い、作家は2015年から2017年にかけて5回にわたり現地に滞在、丹念な撮影取材を行います。ジャガー、カピバラ、パラグアイカイマンをはじめ、多種多様な生き物たちの生態に肉薄。30年越しで憧れの地、パンタナールへの想いを結実させたのが本書なのです。展覧会が開催されるこの機会に、是非、本書もお手に取ってご覧ください。

【本書概要】
岩合光昭『PANTANAL パンタナール』
サイズ:タテ267×ヨコ264ミリ
ページ:168ページ/上製本
ISBN:978-4-909532-40-4

【展覧会情報】
「岩合光昭写真展 PANTANAL パンタナール 清流がつむぐ動物たちの大湿原」
2022年6月4日(土)~7月10日(日)
東京都写真美術館 地下1階展示室 恵比寿ガーデンプレイス内
開館時間 10:00~18:00(木・金曜日は20:00まで)*入館は閉館の30分前まで
休 館 日 毎週月曜日
観 覧 料 一般 800円、学生 640円、中高生・65歳以上 400円
主  催 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
企画制作 クレヴィス

関連イベント
■岩合光昭スペシャルトーク
開催日程 2022年6月25日(土)
開館時間 ①11:00~ ②14:00~ (各回30分前開場)
会  場 東京都写真美術館1階ホール
定  員 各回150名(当日先着順)
料  金 無料

※①11:00~②14:00~の回ともに、当日10時より1階総合受付にて整理券を配布します。番号順入場、自由席。
※整理券は各回どちらかをお選びいただき、お一人様2枚までとさせていただきます。
※詳細は東京都写真美術館HPをご覧ください。

■岩合光昭 サイン会
スペシャルトーク終了後に、会場で写真集をご購入の方を対象としたサイン会を実施いたします。(お一人様3冊まで)

https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-4319.html